FC2ブログ
ウィン社長の日記
今日の出来事


プロフィール

wi n

Author:wi n
保険の相談窓口
株式会社ウィン 
代表取締役
ファイナンシャルプランナー
尾川 喜郎



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード松本駅前店

QRコード



QRコード伊那店

QRコード



RSSリンクの表示



ここも押してね!

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


減税???
2010年2月3日(水)
↓↓クリックお願いしまーす↓↓

     
ランキングバナー


最近、言葉としては「減税」だとか「補助金」だとか多く使われるようになりました。

2010年度の税制改正の中にも、「子供手当」の創設というものがあります。

でもよくよく聞いてみると、「扶養控除」の一部廃止もあります。

0歳から15歳までの子供には1人につき月額13,000円(2011年からは26,000円)の

子供手当が支給されるようになります。

しかし、16歳から18歳までのいわゆる「高校生」については、

25万円分の上乗せ控除が廃止となります。・・・ちょっと損した感じ

ここで、公立高校の授業料無償化と、私立高校の就学支援金(補助)

という仕組みが加わりました。

結局、あっちのお金を廃止して、こっちに使う・・・

簡単に言うとこんなイメージですね。

高校は「タダ」になって喜んでいても、特定扶養控除額が減るので、

(現状所得税63万円の控除→所得税38万円の控除に改正)

だから高校は「タダ」にしよう!  こういう感じに捉えられても

仕方のないことです。

損なのか得なのか・・・・・実際の運用をしてみないと分かりませんね!

しかし、大きくは変わらないような気もします。

また、「生命保険料控除」についても2012年1月以降は大幅に改正される予定です。

赤字国債の発行=国民の税負担の増  なんとかなりませんかね・・・

日本はもともと、貿易によって経済を支えてきました。日本は資源がないため、

材料の供給も貿易によって行わなければならず、資源がない国だからこそ

内需よりも貿易の再復興をしないとダメなのではないでしょうか・・・

不安な時代ですけど、自分たちの税金がどこでどのように使われているかということを

知っておくことで、本当の「eco」になるのでは?

難しい話になってしまいました。











Web制作


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。